新しい採用のあり方を提案するメディア

HERPユーザー勉強会のQA公開!part3 リモート下でどうする?難易度の上がるオンボーディング成功の秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマ

米国や外資系企業では「Onboarding Spacialist」 という職種が誕生するほど、「新入社員へのオンボーディング成功」というミッションを担う重要性が増してきています

今回は、リモート下での新メンバーオンボーディングに課題を持つPOL社 遠藤さんに、DouYu Japan社 武井さんSun Asterisk社 野村さんが講師となり、HERPユーザー少人数勉強会を開催しました。

武井さんは前職でオンボーディングプログラムの設計をされたご経験がおありで、現職のDouYu Japan社ではオンボーディング担当者の育成に取り組まれている真っ最中とのこと。野村さんは Sun Asterisk 社でリファラル施策で成果を出されており、現場を巻き込んだリモート下でのオンボーディング施策についてもお話いただきました。
ユーザーの皆さんそれぞれが持つ知見を結集させた勉強会の内容を公開します。

オンボーディングにまつわるQ&A抜粋

Q. 入社後オンボーディングってどんなプログラム設計で行なっていますか?

武井さん

前職在籍時は、新入社員が「自社のカルチャーと自身の期待・役割・業務を理解し、自分らしく振る舞いながら、(一口大の)成果をあげること」をゴールに90日間のオンボーディングプログラムを実施していました。90日間という期間は、「ハーバード流マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー」という本を参考にしています。

具体的には、スプレッドシートに「Status」設定・それに紐づくチェックリストを作成して入社した方のオンボーディング管理を行なっていました。「Status」とは「X日時点でどういう状態になっているべきか」というもので、この Status のすり合わせがオンボーディング成功の肝です。

逆にチェックリストは、項目が多くなると「終わってないのにStatusは達成している」という状況が起こりかねないため、①詰め込みすぎないこと②期限を厳しくしすぎないことの2つが重要です。

▲実際にDouYu Japanで使われているシートのサンプル

人事の介入は入社1ヶ月後までを目安にし、それ以降は基本的に各事業部(前職では部署のマネージャー)に任せています。2-3ヶ月目のタイミングでは、本人との1on1・上長との1on1を実施して人事でフォローを入れる体制になっています。

人事面談では、「最近どう?」という質問の代わりに「最近は成長しているという実感はもてていますか?」という質問に、1〜5段階で回答をもらうようにしています。点数が高ければいい、という話ではなく、「以前と比べて上がった(下がった)理由」や「そうすればそれが上がるのか」を話すことを意識していました。

詳しい話は note の記事にまとめているのでぜひご参照ください!
Schooで新入社員のオンボーディングをはじめて3ヶ月経った(前編)
Schooで新入社員のオンボーディングをはじめて3ヶ月経った(後編)

野村さん

弊社でも新メンバーの入社1ヶ月後には人事面談を実施しています。人事から聞いている項目は、「業務過多になっていないか」「自己発揮できているか」「入社時の志を忘れていないか」「志を達成するために必要なものは何か理解できているか」という4項目で、リモートワーク下で解消できていない困りを見逃さないように心がけています。

Q. リモートワーク下で変化したこと・気にかけていることはありますか?

野村さん

弊社では、リファラル施策の一環として、どなたでも参加可能な「オープンオフィスイベント」というものを定期開催しています。カジュアルに社内メンバーと関われる・会社の魅力を知ってもらう目的で、コロナ前には新オフィスで美味しいご飯を食べながらオフラインで開催をしていました。友達をいつでも連れてこれるので、リファラル紹介の受け皿としての機能を十分に果たしており、2019年には6割、2020年は入社した方の3割がリファラルという成果が出ました
直近はコロナの影響を受けオフラインでの開催を中止し、「Spatial Chat」というサービスを使ってオンラインで実施しています。

狙ってやっていたというよりは結果論なのですが、この「オープンオフィス」に参加するかしないかが、入社後のパフォーマンスに関わってくることが最近わかってきました。なぜなら、このイベントに参加することで、入社前から会社についてある程度理解することができたり、いろいろな方と事前に話すことで知り合いが多い状態で入社でき「この内容はこの人に聞けば良さそう!」というのがわかったりしたことで、新メンバーが自走しやすくなったからです。

全社的なリモートワーク下では、オフィスに集まっていればよしなに自然に生まれていたであろう社内コミュニケーションがどうしても少なくなりがちです。この課題を解消すべく、社内の有志メンバーで「コミュニケーション委員会」を立ち上げました。人事の私が立ち上げメンバーのひとりではありますが、もう一人の立ち上げメンバーは現場のディレクターで、今では部署を横断した12-13名が運営メンバーになっています。

取り組み例は、社内ツール上に「社員名鑑」というのをつくっていて、趣味などのカテゴリーを登録するとそのカテゴリーのslackチャンネルに自動アサインされる仕組みの導入などを企画しています。部署を横断したコミュニケーション機会が発生しやすい環境が整ってきました。

Q. オンボーディングの効果測定は?効果を上げるためにできることは何があるの?

武井さん

定量的な指標を置いていたことはないのですが、90日間のオンボーディングプログラムが終わった時に新メンバー本人にどうだったかをヒアリングするようにしていました。

前職では半年に1回査定があったのですが、そこで気づいたことは、入社後のオンボーディングにチームによって差が生じており、うまく新メンバーの入社後の早期活躍をさせられていたのは「入社して解くべきイシューは何なのか」の共有が早かったという共通項がありました。オンボーディング過程の早い段階で、業務の期待・役割をすり合わせるのが大事だといえそうです。

参加者の皆さんの声

参加者の皆さんの声も一部ご紹介します!

今後も皆さんのご関心軸に合わせながらさまざまなテーマでこのような少人数勉強会を開催してまいります。自社で感じている採用・人事課題を解きたい…!という方はぜひ次回以降のご参加をお待ちしております!(テーマも随時募集中です。)

情報発信はユーザーさんをお集めしたオンラインコミュニティ「HERP User Community」Slackで行ってまいります!興味のあるテーマがある、コミュニティにまだ参加できてい
ない!などございましたらお近くのHERP担当者にお知らせくださいね。(了)

オンボーディングについて基本から学びたい方へ(ebook無料公開中)

オンボーディングを成功させる基本ポイント3つを弊社の実例を交えて解説したebookを無料で公開しています。
新メンバーの早期活躍を実現したい方はぜひ合わせてご覧ください。

\ スクラム採用がよくわかる!ガイドブック/

HERPデモ動画

\ スクラム採用×HERP Hire 解説動画無料公開中/

HERPデモ動画

関連記事

2021/06/17  おすすめ記事
スカウト返信率が3倍に?!社長ワンオペ採用から現場主体の採用活動にシフトして得られた効果
こんにちは、HERP編集部です。採用で成果を出されている企業様がどんな採用活動を行なっていらっしゃったのか、その過程や裏側にフォーカスを...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/06/08  おすすめ記事
People eXperienceって何だ? POLに入社したエンジニアと考える「最高の選考プロセスとは」
各社工夫を凝らし、新しい試みに挑戦しているエンジニア採用。優秀なエンジニアほど企業選びに対する目線も厳しく、スキル・カルチャーの両面から...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/06/03  採用サービス
ミッションへの共感を軸に全社を巻き込み、4ヶ月で約80名の採用を成功させる「Beer and Tech」に迫る
こんにちは、HERPの原です。採用で成果を出されている企業様がどんな採用活動を行なっていらっしゃったのか、その過程や裏側にフォーカスを当...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/05/28  おすすめ記事
すごい会社のすごい本業大解剖!No.11 RABO
業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。第1...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda
2021/05/28  おすすめ記事
次世代スタートアップ注目求人特集 Vol.3
本特集は今後ので働きたいビジネスパーソンに向けてHERP Lab編集部が厳選したスタートアップの求人をご紹介するシリーズの第3弾です。(...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部
2021/05/25  おすすめ記事
サンアスタリスクと学ぶ 再現性高くリファラル採用を成功させる方法とは?
プロダクトや組織をスケールさせるためには、テックリードやプロダクトマネージャーといったスキルの高いエンジニアの採用が不可欠です。しかし、...
HERP Lab編集部
HERP Lab編集部

採用管理ツール導入の成功事例

株式会社コドモン
候補者には期待感溢れる体験を。2ヶ月で20名採用を実現したコドモンの採用の裏側
ルームクリップ株式会社
全職種でワークサンプルを実施!候補者目線を考え尽くしたRoomClipの採用プロセスとは
AI inside 株式会社
HERP導入後3ヶ月で39名内定し、3倍の成果を実現!採用を主導する現場と人事の協働ストーリーに迫る。
株式会社インフラトップ
学びと仕事を通して人生を最高の物語へ。候補者の人生に寄り添ったインフラトップの採用活動
BASE株式会社
エンジニアはエンジニアの眼で見て採る!採用活動をプロダクトとして捉えるBASEの「スクラム採用」とは
株式会社サーバーワークス
エンジニア出身人事だからこそわかる サーバーワークスの採用におけるエンジニアと人事の役割分担とは
株式会社デジタリフト
内定到達率5倍を実現!候補者一人ひとりに向き合う採用へ転換したデジタリフトの採用活動に迫る
Ubie株式会社
一人ひとりが自走して動ける自律的な組織へ。世界を目指すヘルスケアスタートアップUbieの採用活動の変遷
株式会社Azit
採用全体の7割がリファラル採用。HERPを活用した採用に強い組織づくりに迫る
カラクリ株式会社
バリューである「100倍の生産性」を実現するため採用管理ツール7社を徹底検討。HERP導入後、業務効率が30%改善!
株式会社Schoo
HERP導入で、それまで「点」だった候補者情報がタイムライン上で「線」となり、候補者一人ひとりが立体的に
株式会社LegalForce
HERPの価値は「コミュニケーションの効率化」。他採用管理ツール利用経験のある人事から見たHERPの価値・導入時の観点とは
クラスター株式会社
正社員の採用参画率100%!HERP Hireが全社員参加型の採用活動を促進
株式会社ギフティ
社員の9割が採用に積極的に参加!HERPを活用した全社員を巻き込む採用活動の裏側
株式会社空
10数名のベンチャーが直近3ヶ月で6名採用!加速する採用を支えるHERP活用の秘訣とは!
株式会社div
内定承諾率98%!HERP活用で候補者への効果的なアプローチを可能に
株式会社ココナラ
現場から経営陣までシームレスに情報共有。HERP導入で事業を加速させる採用を実現!
株式会社ユニラボ
HERP Hireで煩雑な採用オペレーションから脱却。採用管理業務の20%削減に成功!
株式会社PR Table
候補者へのフィードバックを全社員に共有!社員参加型の採用活動で、エンゲージメントも20%アップ
     
「スクラム採用」を実現する採用プラットフォーム HERP Hire
求人媒体からの応募情報の自動連携、Slack/Chatwork連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、現場メンバーが積極的に採用に参画できる「スクラム採用」の実現をサポート。
HERP Hireを詳しくみる
「スクラム採用」を加速させるタレントプールツール HERP Nurture
複数の求人媒体からの応募情報の自動連携、SlackやChatworkとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有。
HERP Nurtureを詳しくみる