新しい採用のあり方を提案するメディア

HERPユーザー勉強会のQA全文公開!part2 タレントプールから採用成果を出すTips

今回のテーマ

タレントプールに課題を持つルームクリップ社・松茂良さんに、リファラル採用で成果を出されているUbie社・森俊彦さんがメイン講師となり、タレントプールから成果を出す秘訣について伝えていただく会を開催しました。
Ubieさんでは2017年末時点で正社員4名のところから現在100名近くの規模でいらっしゃいますが、なんと8割がリファラル採用で決定されているとのこと!そのリファラル採用成功の秘訣の一つである「タレントプール」についてたくさん質問をさせていただきました!

HERPのユーザーさんで同じテーマに関心がある方もお招きし、合計10名での少人数ユーザー勉強会となりました。
それぞれが持つ知見を結集させた勉強会の内容を公開します。

ユーザーのみなさまと記念撮影

タレントプールにまつわるQ&Aに先輩方が回答!

Q.タレントプールってそもそもどんな人を集めてつくるの?

A.【Ubie森さん回答】Ubieでは、大きく2つの属性の人をプールしています。一つはリファラルやTwitter経由などこれから声をかけたい方(下図①)、もう一つは過去に選考に進んだことがあるなど接触経験のある方(下図③)です。各候補者のステータスは以下の図の流れに沿って管理しています。例えばエンジニアでは、現在全体で約250名の候補をプールしています。

【元HERPユーザーの助っ人・油谷さん】
タレントプールには、要件はあまり気にせず、「この人が入ったら会社が成長するだろう」という人をこれまでに会ったことの有無を気にせず追加しています。とにかくプール数を多くしておき、何かしらその人と接触して情報を得たうえで keep in touch するかしないかを決定するようにしています。

Q.タレントプールとして候補者を溜めてはみたものの、候補者にうまくアプローチできませんでした。みなさんプールした方に対してどんなアプローチをしていますか?また、現場のメンバーからはどんな協力をお願いしていますか?

A.【油谷さん】
プールした候補者には必ず次のアクションが決定できているのが大事です。前職では週次でミーティングを行い、プールした候補者それぞれに対してどんなアクションをするかをメンバーとともに決定していました。候補者一人ひとりがどういう状況なのかがわかるように、Trelloを使いカンバン形式で管理を行っていました。Trelloでは、未接触なのか・面談をしたことがあるか等、接触度が高くなるほど右にスライドしていくイメージです。
Trelloを見ながらメンバーに「転職意欲の確認」「次に何のアプローチするのか」の確認を行っていきます。メンバーがどんなアクションをしたらいいのか困っていればこの場でアドバイスをします。

特にハイクラスの採用では、経営層による狙った人の一本釣り採用のスタイルが効果的だったので、Trelloボードもメンバークラス/ハイクラス用の2つに切り分けることで的を絞った会話ができるようにしていました。経営陣自らが採用に意欲的になり活動をしていくのはもちろん理想の姿ですが、人事が全体管理やプロジェクトマネジメントしていくのは、タレントプール管理において効果的であったと思います。

また、全社員に新規にプール候補者を見つけてもらうところにも協力してもらっていました。初期は進捗確認の定例と同じく週次で行っていましたが、進捗確認の方に時間がかかってしまいがちであること、またそう新規にプールしたい人も出てこなくなったことから、新規追加のタイミングは月一くらいに頻度を下げて設定するのがリズムがよかったです。

【Ubie森さん回答】
リファラルにおけるタレントプールに絞って話すと、弊社では採用活動初期は社員全員で集まってリファラル候補の洗い出しを行っていました。社員数20-30名くらいまでは全員で集まって実施できていましたが、今はメンバーが増え運営が難しくなっていったので、週次で5人ごとのチームを組んで定例を行っています。

Q.現場メンバーから候補者にどのようなコンタクトを取っているのか、意識づけの工夫があれば教えてください

A.【Ubie森さん回答】
メンバーが行動を起こしやすいよう、候補者とのカジュアルなごはんに対して会社がお金を出す運用を行っています。特に金額制限を設けていませんが、節度のある範囲で…という前提で、リファラルにかかった費用は全て会社が支払っています。

【油谷さん】
社員のリファラルレベルをつけ、メンバーの特性に合わせてアドバイスをしていました。
リファラルの課題は、大きく以下の2つに分けられると思います。
①会社について語れない
②人との繋がり・ネットワークがない
会社が好きで語ることができて、ネットワークがある人はリファラルの紹介が決まりやすい傾向にあります。ネットワークがあり魅力の語り方はわからない場合は、社内のトレーニングで解消できるので語り方をレクチャーをすることや、ネットワークがあるのになかなか候補者に接触できていないメンバーには、「『転職状況どう?』ではなく『zoomでオンライン飲みしよう』のようにハードルを高く考えずに会ってみたら?」など声をかけることをしていました。

ネットワークがない場合は、代わりに採用広報記事を書いてもらうなど協力してもらう場所を変えてみても良いと思います。公開した記事にLikeをつけてくれた友人に声をかけてみよう、と促すこともできます。そんな風にメンバーによって採用への協力の仕方を分けていました。

Q.リファラル経由で紹介してもらったが不採用となってしまった時はどう対応すると良い?

A.【Ubie森さん回答】
リファラルというとかつての「縁故採用」のような物を思い浮かべるかもしれませんが、実態は必ずしもそうではありません。実際、弊社でもリファラル決定者が多いとはいえ、リファラルによる候補者も他の採用経路による候補者と同様に選考を行うため、リファラルだからといって入社できる訳では全くありません。
「リファラルだから採用決定するものではなく、落ちるケースは多々ある。」という期待値調整を候補者と事前にしておくことは大事だと思います。

Q.プールした方への声かけタイミングはいつ行っていますか?特に転職タイミングが決まってない場合、頻度・アプローチはどうするといいでしょう?

A.【Ubie森さん回答】
基本的には、四半期に一回程度アプローチしてみるのがいいかなと思っています。

弊社では、プールした候補者とやりとりがしやすいように、LINEの公式アカウントからの配信を試みたり、Hubspotを使ったメルマガ配信を実施しています。
LINEは対象者のセグメントを切りづらかったので、HubspotなどMAツールの活用が便利に感じています。Hubspotを活用する取り組みはまだ試験段階なので、また効果や適切な運用方法などあれば今後の勉強会でお話ができればと思います!
(Ubieさんのメルマガ登録はこちらから)

A.【油谷さん回答】
入社までに時間がかかりそうな人・会社として今ではないが絶対入ってほしい!という人なら、先に内定を出しておく、という力技はありかなと思います。
「こういう事業成長の構想の中で、XXXさんにはXXXというところでご活躍いただけると思っている」というメッセージを伝えながら、1ヶ月に一回は必ず状況確認のために会っておくのは効果的でした。

Q.タレントプール、最初こそ候補が上がってきていたけれど枯渇してきた…どうやって新規のアプローチリストをつくっていますか?

A.【油谷さん】
活動をはじめて最初の方や入社したてのメンバーこそいい候補がたくさん上がってきます。2回目以降はFacebookを見つつ頭を悩ませながら考えるターンになってしまう、というのは避けて通れないように思います。connpassのイベント参加者一覧から知り合いがいるどうかの判別をしてもらうなどもしていました。

【他の参加者からの補足】
LAPRASの Chrome extension で知り合い/知り合いじゃないもわかるので便利ですね。

Q.タレントを追加するときに必須で押さえておいたほうがいい情報は?プールは何で管理していますか?

A.【Ubie森さん回答】
スプレッドシートで管理していますが、主な入力項目は、担当・サブ担当・連絡担当・職種主・職種副・status・ネクスト日程・ネクスト内容・距離感です。
候補者にとって距離感が近い人から接触をとるようにしてもらっています。

【油谷さん】
以下のような粒度で記載をしていました。実際に設定していたペルソナの例は以下です。
Trelloに運用方法のリストをつくって、その中にテンプレートとして設定していました。

## ステータス
* リクルート新卒5年目、GL
* 大阪➞東京
* 新規事業、ビジネス開発全般に興味
https://www.facebook.com/xxxxx
## 現状
キャリア
5年目で今までは一貫としてエージェント業に携わる。
今年の4月からは異動してRPOという、採用業務委託チームにいく予定
## Carrier
Wish
そもそもRに入った理由は、全社員が同じような思想を持っている組織をどうやって作るのか、ということ。
その組織設計に興味を持った。なので将来は自分で”組織を作る”とキャリアに興味がある。
## ペイン

一方、上記のRの組織設計論に関しては数年いたので、ある程度理解したつもりであり、少々飽き気味。また既に出来上がっている組織の中では自分で”組織作り”をすることは1からは出来ないので、もっと小さい所でチャレンジをしたい気持ちあり。今の会社にはいても1~2年ではないかと考えている。
## 自社への印象

現状はハイリスクハイリターンの会社と思っており、自分とのコネクションを感じきれていないステータス。

最後に(参加者の皆さんの声)

リファラル採用などの裏側にある、タレントプール活用知見はなかなか世の中に出回っていない印象ですが、今回少人数での勉強会で深くまで内容をお伺いすることができました。講師の皆さま・たくさん質問をしてくださった参加者の皆さま、ありがとうございました!

最後に参加者の皆さんの声も一部ご紹介します!

今後皆さんのご関心軸に合わせながらさまざまなテーマでこのような少人数勉強会を開催してまいります。

情報発信はユーザーさんをお集めしたオンラインコミュニティ「HERP User Community」Slackで行ってまいります!興味のあるテーマがある、コミュニティにまだ参加できていない!などございましたらお近くのHERP担当者にお知らせくださいね。(了)

タレントプール活用について基本から学びたい方へ(ebook無料公開中)

タレントプールをはじめる際の考え方と運用を成功させるポイントを解説したebookを無料で公開しています。
リファラル採用を新たな採用経路として取り入れたい方はぜひ合わせてご覧ください。

\ スクラム採用がよくわかる!ガイドブック/

HERPデモ動画

\ スクラム採用×HERP Hire 解説動画無料公開中/

HERPデモ動画

関連記事

2021/02/26  おすすめ記事
すごい会社のすごい本業大解剖!No.9 みんなのマーケット
  業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げてい...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda
2021/02/16  おすすめ記事
現場メンバーが戦うための武器を作る、Repro採用チームの採用哲学とは。
HERPの宮田です。「人」を基軸に事業成長を考え続ける採用チームの考え方にフォーカスを当てつつ、採用管理ツールHERP Hireの導入目...
MiyataTakumi
MiyataTakumi
2021/01/20  おすすめ記事
HERPユーザー勉強会のQA全文公開! エージェントと信頼関係をつくり成果を出す考え方
エージェントマネジメントにこれからさらに注力したいBASE社・米田さんに、元ユニラボでエージェントマネジメントを実践していたペイミー社・...
原亜依南
原亜依南
2021/01/13  おすすめ記事
HERPユーザー厳選ポジションまとめ【2021 WINTER】
直近HERPサービスを導入された企業で、今一番求められている厳選求人を紹介する新企画です。定期的に公開して行きたいと思いますので、乞うご...
原亜依南
原亜依南
2021/01/12  おすすめ記事
COO仕事の流儀 SmartHR 倉橋 隆文 
経営のプロとして持続的に成長し続けるチームをつくる
急成長を遂げるベンチャー企業には必ずCEOを支えるCxO陣がいる。しかし、彼らの活躍や魅力は外部からは十分にはわからない。特にCOOとい...
Ryo Tokunaga
Ryo Tokunaga
2020/12/23  特集
すごい会社のすごい本業大解剖!No.8 TENTIAL
業界で注目を浴びるスタートアップの会社自体ではなく、今一番求めているポジション(急募求人)にフォーカスを当てて掘り下げていく本企画。第8...
Ichiro Shoda
Ichiro Shoda

採用管理ツール導入の成功事例

株式会社コドモン
候補者には期待感溢れる体験を。2ヶ月で20名採用を実現したコドモンの採用の裏側
ルームクリップ株式会社
全職種でワークサンプルを実施!候補者目線を考え尽くしたRoomClipの採用プロセスとは
AI inside 株式会社
HERP導入後3ヶ月で39名内定し、3倍の成果を実現!採用を主導する現場と人事の協働ストーリーに迫る。
株式会社インフラトップ
学びと仕事を通して人生を最高の物語へ。候補者の人生に寄り添ったインフラトップの採用活動
BASE株式会社
エンジニアはエンジニアの眼で見て採る!採用活動をプロダクトとして捉えるBASEの「スクラム採用」とは
株式会社サーバーワークス
エンジニア出身人事だからこそわかる サーバーワークスの採用におけるエンジニアと人事の役割分担とは
株式会社デジタリフト
内定到達率5倍を実現!候補者一人ひとりに向き合う採用へ転換したデジタリフトの採用活動に迫る
Ubie株式会社
一人ひとりが自走して動ける自律的な組織へ。世界を目指すヘルスケアスタートアップUbieの採用活動の変遷
株式会社Azit
採用全体の7割がリファラル採用。HERPを活用した採用に強い組織づくりに迫る
カラクリ株式会社
バリューである「100倍の生産性」を実現するため採用管理ツール7社を徹底検討。HERP導入後、業務効率が30%改善!
株式会社Schoo
HERP導入で、それまで「点」だった候補者情報がタイムライン上で「線」となり、候補者一人ひとりが立体的に
株式会社LegalForce
HERPの価値は「コミュニケーションの効率化」。他採用管理ツール利用経験のある人事から見たHERPの価値・導入時の観点とは
クラスター株式会社
正社員の採用参画率100%!HERP Hireが全社員参加型の採用活動を促進
株式会社ギフティ
社員の9割が採用に積極的に参加!HERPを活用した全社員を巻き込む採用活動の裏側
株式会社空
10数名のベンチャーが直近3ヶ月で6名採用!加速する採用を支えるHERP活用の秘訣とは!
株式会社div
内定承諾率98%!HERP活用で候補者への効果的なアプローチを可能に
株式会社ココナラ
現場から経営陣までシームレスに情報共有。HERP導入で事業を加速させる採用を実現!
株式会社ユニラボ
HERP Hireで煩雑な採用オペレーションから脱却。採用管理業務の20%削減に成功!
株式会社PR Table
候補者へのフィードバックを全社員に共有!社員参加型の採用活動で、エンゲージメントも20%アップ
     
「スクラム採用」を実現する採用プラットフォーム HERP Hire
求人媒体からの応募情報の自動連携、Slack/Chatwork連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有により、現場メンバーが積極的に採用に参画できる「スクラム採用」の実現をサポート。
HERP Hireを詳しくみる
「スクラム採用」を加速させるタレントプールツール HERP Nurture
複数の求人媒体からの応募情報の自動連携、SlackやChatworkとの連携による現場メンバーへのスピーディな情報共有。
HERP Nurtureを詳しくみる